友人知人へ 70代 茨城県 第5回 入賞

コロッケが一番のごちそう
加藤 望 様 73歳

 田代先生、九月の祭日に、同窓会をやりました。

みんな、年をとってしまい、ジジ、ババ同窓会だと言って笑い合いました。男6人と女2人、合計8人が集まりました。

昭和14年生まれの私たちが小学6年生になった頃は、日本は本当に貧しい国でした。

お米の弁当を持ってこられずに、代用食として、さつまいもを持ってきた生徒が何人かいましたね、私もその中の一人でした。他の生徒に見られるのが恥ずかしくて、新聞紙でかべをつくり、かくして食べていたことを思い出します。

当時、先生は学校の近くに下宿されており、休みの日にはよく、私たちを下宿によんでくれました。

昼時になると、コロッケを買ってきて食べさせてくれました。

アツアツのコロッケにソースをかけて、コッペパンをおなかいっぱい食べることが、どんなにうれしいことであったか、無精ひげを生やした先生の顔と、コロッケの味、生涯忘れることのできない、思い出です。

あれから、徐々に日本が豊かになり、お米のご飯が、いつでも食べられるようになりました。同窓会では、すき焼きを皆で食べました。

「今食べている、すき焼きより、あの時に食べたコロッケのほうが、ずっとうまかった」と、広瀬君もいっていました。(先生、広瀬君の頭はツル禿ですよ) 「戦争はしてはならない、友達とは仲良くしなさい」先生の口癖でしたね。

(いじめ)なんていう言葉は、我々の時代には存在していませんでした。貧しくても友達を思いやる気持ちは、皆がもっていたような気がします。

もちろん喧嘩はありました。それも先生の痛いゲンコツ一発で終わり、次の日には、けろっとして一緒に遊んでいました。豊かさの代償として、何かを今の日本人は忘れてきたような気がします。

中学生になった孫に、昔の話をしてあげようと思っています。

この世には、豊かさよりも、もっと大切なことがあるということを。

熱血先生、本当に有難うございました。

関連作品

  1. 待てど暮らせど

  2. エラ張ってこう

  3. お父ちゃん ありがとな

  4. 古希の聖火ランナー

  5. ありがとう

  6. あなたからのプレゼント

PAGE TOP