妻へ 50代 岐阜県 第4回 入賞

君の笑顔
野々村 富次巳 様 50歳

 「ねえ、今、何してるの?」と、聞けば、何と答えてくれるかな?

「ねえ、幸せだったの?」と、聞けば、どんな言葉が……。

突然すぎて、こんな日がくるなんて思いもせず、君の笑顔も、あの日が最後になり、どうして君だったのか、どこに悲しみをぶつけたらいいのか、苦悩の日々だった。

寡黙な妻でしたが、心(しん)の強い女性で、笑顔の素敵な彼女がいるだけで、家族全員が幸せだったのに、何ひとつ疑う事のない日々の生活も、臆病となり、笑う事が出来なかった。

妻が亡くなって、今年で八年。

「ありがとう! 君がいてくれたから、私はとても幸せでした」

ごめん! 今だから、照れずに言えます。君を、守っていたと自己満足の私でしたが、守られていたのは、自分だったと気づきました。

「ありがとう! 子ども達の頼れる母親として、どんな時も笑顔でいてくれたね」

君の宝物だった子ども達も、大人となり、自分の人生を歩み始めています。娘ばかりで、男親では心配ですから、いつまでも、娘達の味方でいてください。いつまでも、君の大きな愛情で、抱きしめてください……お願いします。

馬鹿な私を選び、結婚して二十一年。

「君の笑顔が、大好きでした」「私を、愛してくれて、ありがとう!」

君には感謝の言葉しか出てこないよ。今も、私の心に残る言葉があります。

「かわいい、おばあちゃんになるわ!」

娘から、妻が話していたという事を聞いた記憶があるが、唯一の夢だったのだろうか?

一人で、泣いた。悔しくて、悲しくて、叶えてあげられない現実に、妻の無念を悟りました。

「ありがとう! ありがとう!」

「幸せでした」の声が、聞きたい。

関連作品

  1. こんな息子でしたが……

  2. 見て見て母さん

  3. 日出子よ有難う

  4. 天国の妻への手紙

  5. 最後のことば

  6. あの時の涙を忘れない

PAGE TOP