母へ 60代 神奈川県 第10回 入賞

母の通信簿
朝山 ひでこ 様 61歳

 お母さん。もうすぐあなたの一周忌が来ます。

長年の教員生活で、散々、通信簿をつけてきたあなたに、今、私が「通信簿」を贈ります。96年間、明るくたくましく生きた、あなたの人生へのハナムケとして……

 

「先生として」のあなたには、文句なく万点をつけます。退職後も、毎年届く年賀状の束。何十年も前に1年間しか教えていない生徒さんから結婚式のスピーチを頼まれても、何かしらエピソードを見つけていましたっけ。あなたの頭の中は、生徒さんたちと過ごした日々の記憶で一杯だったのでしょうね。

 

その代わり、「妻として」「母として」には、ちょっと辛めの点数をつけます。60点といったところかな(笑)。家のことは、おばあちゃん任せ。子供たちが病気になると、オロオロして仕事を休むのは、いつもお父さんの方でした。

だから自分自身の病気でもけっして仕事を休まず、結局、無理をしてクモ膜下出血で倒れてしまったのも、学校でしたね。しかし、それからのあなたが、またすごい。大手術を乗り越え、2年間のリハビリに励み、職場復帰。定年まで勤め上げたのですから。

もっとも、終戦直後、お父さんと離ればなれになり、北朝鮮の収容所で乳飲み子を亡くし、命からがらひとり引き揚げてきたたくましさを思えば、その後の苦労など、取るに足らないものだったのかもしれませんね。

お母さん。「人間として」のあなたは、大きすぎて私には点数がつけられません。そして、あなたの人生が幸せだったのかどうかも、私には分かりません。分かっているのh、いつでもあなたが朗らかで温かく、愚痴を言わず、コロコロとよく笑い、少女のようなソプラノで歌っていたということ。

だから、世界でたったひとつの通信簿に、私は書きたいのです。

「あなたの娘でいられたことに、満点!!」と。

関連作品

  1. おじいちゃんのスーツ

  2. 無形の財産をありがとう

  3. じいちゃんへ。ばあちゃんには内緒です。

  4. 十二年目のゴーヤチャンプル

  5. 母のサポーター

  6. 今までありがとう

PAGE TOP