夫へ 70代 茨城県 第3回 入賞 広告掲載

あなたに言い忘れたこと
瀬谷 喜美子 様 75歳

 「君、そこにいるの?」

しずかに眠っていると思ったあなたの声がしたとき、病室の片隅の椅子で、ついうとうとしていたらしい私は、はっとして、あなたの方を見ました。

あなたは、それまで、いつも元気で丈夫で怖いもの知らずだったのに、風邪を重くしたからと病院へ行ったら、癌と診断され、入院、手術、療養、再入院と、妻の私にとっても、夢のような二年間でした。八十キロあったあなたの、体重は四十九キロに、頬はそげ、大きな目と高い鼻の目立つ顔立ちになっていました。

あなたは、闘病中も鎮痛剤で痛みを和らげては、楽しい冗舌で、私を気遣ってくれていましたが、とうとう、この二、三日は、それもかなわず、ついにモルヒネに頼り始めました。お医者様から「ここ一週間位でしょうか」と言われ、私も別れが近いことを覚悟しましたが、あなたには黙っておりました。

急いであなたのそばによると、目を大きくして私を見つめ、ちょっと微笑みながら、

「君に会えて本当によかった。ありがとう」

と、手をさしのべました。

とっさのことに驚いた私は、なんと言ったらよいかわからず、それまで決して見せまい、と決めていた涙があふれて、止まりません。

あなたは私の頭をなでて「泣くな、何があっても、どこに行っても、君を愛しているから」と言いました。そして、夜明けに帰らぬ人となりました。

あのとき、泣いてしまって言えなかった言葉を、二十年たって、やっとあなたに届けます。

「あなたに会えて幸せでした。今も、これからも、あなたを愛しています」

関連作品

  1. 見守っていてね、お父さん

  2. 父の後ろ姿

  3. ビリじゃなかった

  4. ねえ、聞いてよ

  5. 改めてありがとう

  6. 手放しちゃダメだよ

PAGE TOP