夫へ 50代 宮城県 第5回 金賞 広告掲載

愛するあなたへ
鈴木 和子 様 56歳

 秋になり、風に揺れるコスモスを見ると、無性に寂しくなって涙が溢れます。秋が深まり、落葉の山を踏みながら、病院に通ったあの時の事。今でも、忘れられません。

ある時「夕べ、看護婦さんに手を握ってもらった」と言っていたあなた。不安だったんだよね。寂しかったんだよね。病気に押し潰されそうになっていたんだよね。でも、お互い口に出したら、崩れそうになるから、つらく、悲しい気持ちは、心の奥に押し込んで、ただ、ただ、前を向いて頑張るしかなかったんだよね。

私は、毎日、同じリズムで、職場と家庭と病院との往復。あなたが良くなる事を信じて頑張ってきたんだよ。涙を流すと、心が折れそうになるので、あなたの前でも、子供の前でも、涙は流さず頑張りました。

一周忌が済んで、すぐあの大震災。私も津波にのまれ、屋根の上で一晩過ごし、命びろいしました。あの夜、澄み渡った満天の星空を見ながら、あなたを思い、子供達の事を思って頑張りました。あなたが残してくれた家。泥塗れになりましたが残りました。子供達も無事でした。あなたが守ってくれたんだよね。ありがとう。

本当にあなたは、人を思い、だれにでも親切でやさしい人でした。周りの人にも恵まれいい人生でしたね。亡くなってからも、あなたを忘れずにいてくれる人が、たくさんいらっしゃいますよ。その方々に、助けられながら私達は生きています。

生きるという事は、つらい事も、悲しい事も沢山あります。でも、それ以上に、楽しい事や嬉しい事が沢山あると信じて、あなたの分まで、頑張って生きていきます。

毎朝、あなたの写真に向かって、お話ししていますが、煩わしいと思わず聞いていてくださいね。

亡くなっても、まだまだ、あなたの事を愛しているんですよ。届いてますか。この気持ち。合掌。

関連作品

  1. 天国町二丁目五番宛。

  2. 赤いカーネーション 母へ

  3. プロポーズお受けいたします

  4. おじいちゃん、私頑張ってるよ

  5. 嘘ついてごめんね

  6. きらきら光るお空の君へ

PAGE TOP