父へ 80代 長野県 第14回 入賞

無形の財産をありがとう
今井 澄江 様 83歳

 九十二才で父が逝って二十五年、父がいつも口にしていた言葉「人様を大切にし尽くすことで喜んでもらうこと」父は身を持って教えてくれました。六人の子どもには厳格そのものの教育、父も自分には厳しく規範の生涯でした。父は勉学に励み、当時の高等科に進学したものの、父親が病弱だった為、止むなく中退、農家を継ぐことになったとのこと、無念だったことでしょう。

 両親、父の兄弟十二人家族を養うために苦労の連続でした。父の働く姿を見るにつけ、長女の私は両親を少しでも楽にさせてあげたいと必死でした。父は近隣、親戚に問題があると声がかかりいつも相談役を務めていました。そんな姿を見て、今八十三才になった私は、父の生き方、言葉をそのまま受けついでいます。周りの人に頼られ、必要とされ、相談相手をさせて頂き、多くの人宝に恵まれ、幸せいっぱいの毎日です。これぞ父さんからの無形の財産、尽きることはありません。

 本当に感謝の一言です、ありがとう。

 父が老衰で床につき、亡くなる前一ヶ月は毎日往復二時間の実家へ通い見舞いました。

 亡くなる当日、父の背中をさすっていた時息苦しさが伝わって、一瞬の間に息を引き取ってしまったのです。大往生でした。

 父さん長い間お疲れ様でした。

 生前「澄江には世話になったなあ、ありがとよ、体に気をつけてなあ」と何回も言ってくれました。私はこれからの人生、世の為、人の為に、自分に出来ることを頑張って行きます。父さんの生涯、言葉は私の大きな無形の財産です。本当にありがとう。

 合掌

関連作品

  1. 永遠のいたずら

  2. Anniversary Flower(アニバーサリーフラワー)

  3. 父の文箱

  4. 耳の形

  5. 最期のエール

  6. あなたからのプレゼント

PAGE TOP