夫へ 70代 愛媛県 第11回 入賞

あなたへ
乗松 カズ子 様 71歳

 あなたに手紙を書こうと思って、前回の「つたえたい心の手紙」を手に取りました。いろんな思いを込めて、そうだね、フンフン、涙がにじむ文、亡くなった奥さんに、ご主人の愛情たっぷりのやさしい文、いろいろな思いで読んでいくうちに…… 。

お見合いをしてすぐ結婚。やさしい目をして、笑顔がすてき。真面目。それくらいしかわからない人だけど、四十八年間本当に楽しい生活だった。子育ての時は、よくぶつかってけんかもしました。と言っても私一人頭にきてカッカしてたのかも知れません。思ってる事をすぐ口にする気の強い私で、主人は、いやな思いをしただろうな。結婚した時、主人は人生浪花節でいこうなと言って、いさかいの嫌いな人だった。

主人がする事、私がしてる事、お互いに興味をもって、いつも同じ方向をむいて、自営業だったから、朝から晩まで、いつも一緒。まわりの人に「いつも一緒ですね」と言われたら、「トイレ以外はみな一緒」と照れくさそうに言ってたね。いつもよくおしゃべりしていたのに、亡くなってしまったら、聞きたかった事がいっぱいあるの。あなたの奥さんは、私でよかったの。どれくらい私の事、好きだったの。まだまだ生きるつもりだったから、私にありがとうもなかったね。感謝してたのかな。もう、どれも聞く事は出来ないね。でも、私は本当にあなたが好きだった。大好きだったよ。あなたが私を愛してた数倍は愛してたよ。私の人生、こんなにも愛する人に出会えて幸せです。ありがとう。

愛してます、あなた。会いたいな。

関連作品

  1. 三男から四男へ

  2. 父の植えた「桜」の木

  3. 新しい楽しみをありがとう

  4. 母ちゃんと一緒

  5. 私の代弁者

  6. 拝啓 片足の戦士へ

PAGE TOP