妻へ 30代 北海道 第3回 銀賞 広告掲載

きらきら光るお空の君へ
今井 尚人 様 37歳

 妻へ。君がお星さまになってから、1年が過ぎたね。シングルファザーの僕は、今じゃすっかり子育てが楽しくなった。

「育メン」って知ってる? それは育児する男性のこと。僕はイケメンじゃなかったけど、育メンになれたよ。なにやらイケメンよりも女性にモテるらしいから、僕がモテちゃったらどうしようね?

なーんてウソだよ。大丈夫、僕の愛する人は、後にも先にも君だけだから。

2歳半になった琴美は、日に日に君に似てきたよ。もう可愛くて可愛くてさ。残業なんかしないでまっすぐに保育園に迎えに行くんだ。

迎えに行くとね、僕の姿を見つけた途端、「ウキャー!」なんて言いながら、大喜びでバンザイして、変な走り方で僕に突進してくるんだ。だから僕は琴美を胸で受け止めて、ギュウってして高い高いしてグルグルしてから降ろすんだよ。

そんな琴美がさ、保育園でいろんな歌を覚えてくるんだけど、一番のお気に入りは「きらきら星」なんだ。

「きらきら光る お空の星よ

まばたきしては みんなを見てる

きらきら光る お空の星よ」

琴美曰く、これはママの歌なんだって。それで二番の歌詞をさ、琴美がこんなふうに歌うんだよ。

「きらきら光る お空のママよ

琴美の歌が とどくといいな

きらきら光る お空のママよ」

誰も教えたわけじゃないんだ。保育園にも確認したんだ。琴美が自分で歌詞を替えて歌ってたんだよ。琴美は、お星さまになった君のことを今でもちゃんと覚えている。

琴美の歌声、届いているよね?

きらきら光るお空の君よ。僕も琴美も、君に負けないくらい、いつもきらきら光っていられるように頑張るからさ、空から見守っていてくれよな。

関連作品

  1. 父への詫び状

  2. 「ありがとう」おじいちゃん

  3. 父親の気持ち

  4. 孝行したい時に母がいた!!

  5. 「してもらえることの嬉しさ」のバトンをつなぐ

  6. 何度でもありがとう

PAGE TOP