友人知人へ 50代 千葉県 第15回 入賞

あんこの生きられなかった老後を生きる
小池 みさを 様 59歳

あんこへ

 餡こが好きだったから、私たち同級生から「あんこ」と呼ばれてたね。

亡くなる一ヶ月前、一緒に食べたデパ地下弁当をペロッと平らげ、「早食いの癖は直らない」と笑っていたあんこ。

あんこは、気立てが良くて優秀で、幼児教育を学んだ私たちのうちで、一番先に園長になった。子どもと食べる食事は、ゆっくりできないものね。

「ガン末期は、介護保険が使えるんだって。お先に使います」と言っていたあんこ。ずっと働いてきたのだもの、年金も納めてきたのに受給しないまま旅立つのだもの、介護保険を使うことにためらう必要なかった。

 あんこ、私たちの学年は、還暦を迎えます。

コロナがなければ、皆でクラス会を開催するはずだったけど、せめて、と、教人で集まりました。私たちの主な話題は、「老後をどう生きるか」でした。そして、あんこもいた学生時代の寮で、二十歳を迎えた昔の私たちが、「どんな大人になりたいか」を語り合った日々を思い出しました。もう四十年も経ちました。「あんこには、老後がなかったね」と、友人の一人が言いました。あんこは、老後の心配はなかったけど、「高齢の親より先に逝くのは申し訳ない」って言ってたね。

私たちは、「高齢の親がいるから、旅行にも行けない」と愚痴を言っていたのを止めて、「親を介護できるのは幸せ」と感じました。

 でも、本当は、あんこと一緒に愚痴を言いたかった。

 私たちは、「あんこの生きられなかった老後を大切に生きていこう」と言って別れました。

 空の上から、私たちの老後を見守ってね。

 またいつの日か、空の上でクラス会をしましょうね。待っていてね、あんこ!

関連作品

  1. お母さん、ありがとう

  2. 母の干ぴょう

  3. 「指を返して」言ってはいけない言葉

  4. あなたへ

  5. 何気ない風景

  6. お母さんへ

PAGE TOP