父へ 10代以下 北海道 第2回 金賞 広告掲載

孝行したい時に母がいた!!
角谷 大河 様 19歳

「孝行したい時に親はなし。されど墓に布団は着せられず」

 父さん、反抗ばかりしてごめんなさい。なぜ反抗していたのか、自分でも理由がわかりません。父さんの、セメントがこびりついた両手を恥ずかしいと思い、自分が至らないことすべて、父さんのせいにしていたような気がします。

 父さんが、進行性の肝臓癌で余命1ヶ月と診断されたときも、ぼくは「あっそ」と知らん顔して、強がっていました。心の中は不安でいっぱいで、「神様助けて下さい」とお祈りしていたのに、言葉にできず、5年経った今でも胸が締め付けられます。

 余命1ヶ月と診断されたあの日、「いったいぼくに何ができるのだろうか」と考えました。考えても、考えても答えが見つからず、眠れぬ日々が続きました。

「何もできないけれど、素直に謝って、そしてありがとうと言おう」と思った翌日に、父さんは息を引き取りました。入院してからわずか5日で、あっけなく逝ってしまいました。父さんの黒ずんだ顔は、苦しみから解放されたような、安堵感がありました。母さんは憔悴し、妹はずっと泣いていました。

 父さんごめんなさい。もっともっと、父さんと話がしたかった。父さん孝行がしたかった。父さんと過ごした13年という歳月、ぼくは絶対に忘れません。

 今日は父さんの命日です。妹は、父さんが他界したときのぼくと同い年になりました。母さんと妹は、ぼくが絶対に守ります。

「お兄ちゃん、私もう子供じゃないのよ!」

 妹が怒っています。

「あんたに守られるほど、母さんは落ちぶれちゃいないよ」

 母が笑います。

「お兄ちゃん、カッコ悪い~」

 最近ようやく、母さんに笑顔が戻ってきました。母さんにはやっぱり笑顔が一番です。

 ぼくたちはお墓の前で大笑いしました。そして、泣きました。

 父さん、ぼくは左官職人になり、父さんの後を継ぎます。あの頃と同じように、母さんと一緒に現場に出ます。

「孝行したい時に母がいた!!」

 ぼくは今、とても幸せです。

関連作品

  1. 義母への詫び状

  2. パパへ

  3. ありがとう、あなた

  4. 母のサポーター

  5. 星になったあなたに

  6. あの時の涙を忘れない

PAGE TOP