父へ 80代 神奈川県 第1回 佳作

ある夏の奇蹟
上野 雅子 様 80歳

 天国のあなたが驚かれる程、私は元気に毎日を送っています。突然の脳梗塞。右半身マヒの身となって7年、不自由な生活の中で、家族を思い、感謝してくれた毎日でしたね。大動脈瘤が見つかったのにもかかわらず、「これ以上家族に迷惑をかけたくない」と手術を断っての退院。代って上げられるものなら代りたい私の気持ちでした。

 下の弟、上の弟と次々亡くし、その無念さ痛い程分かっていましたよ。

 いつの日か二人が天国で逢うことが出来ましたなら、何からお話ししましょうか? まずしっかりと抱きしめて「僕が病気になって苦労をかけたね」とねぎらって下さい。

「おじいちゃんの形見」とあなたの腕時計を身につけている一人の孫は、今は大学生にまで成長しました。

 この夏、思いがけない奇蹟が起きました。動かなくなって数年、ピアノの上に置いたままの時計が突然、時を打ち動き出したのです。驚きました。街の時計屋さんに修理を断わられ、処分する時期かと思っていた矢先のこと、あわててネジを巻きました。それが7月、記録的な暑さの最中のことでした。以後間違いなく時を告げています。

 あなた覚えていますか。裏に永年勤続25年。昭和49年の文字が記してあります。この年は結婚21年、長男、長女二人の子育てに振りまわされていた頃でしたので、あの表彰がどんなに心の支えになりましたことか。

 あ! 3時を打つ音がします。優しい音色です。あなたが天国から「頑張れよ」とエールを送ってくれているとしか思えません。遠のいていたあなたへの想いが一気にあふれ出て懐かしい恋しい気持ちでいっぱいです。

 私、もう少し元気でいられますよう守って下さい。いつか必ずおそばに行きますから。

 天国のあなたが驚かれる程、私は元気に毎日を送っています。突然の脳梗塞。右半身マヒの身となって7年、不自由な生活の中で、家族を思い、感謝してくれた毎日でしたね。大動脈瘤が見つかったのにもかかわらず、「これ以上家族に迷惑をかけたくない」と手術を断っての退院。代って上げられるものなら代りたい私の気持ちでした。

 下の弟、上の弟と次々亡くし、その無念さ痛い程分かっていましたよ。

 いつの日か二人が天国で逢うことが出来ましたなら、何からお話ししましょうか? まずしっかりと抱きしめて「僕が病気になって苦労をかけたね」とねぎらって下さい。

「おじいちゃんの形見」とあなたの腕時計を身につけている一人の孫は、今は大学生にまで成長しました。

 この夏、思いがけない奇蹟が起きました。動かなくなって数年、ピアノの上に置いたままの時計が突然、時を打ち動き出したのです。驚きました。街の時計屋さんに修理を断わられ、処分する時期かと思っていた矢先のこと、あわててネジを巻きました。それが7月、記録的な暑さの最中のことでした。以後間違いなく時を告げています。

 あなた覚えていますか。裏に永年勤続25年。昭和49年の文字が記してあります。この年は結婚21年、長男、長女二人の子育てに振りまわされていた頃でしたので、あの表彰がどんなに心の支えになりましたことか。

 あ! 3時を打つ音がします。優しい音色です。あなたが天国から「頑張れよ」とエールを送ってくれているとしか思えません。遠のいていたあなたへの想いが一気にあふれ出て懐かしい恋しい気持ちでいっぱいです。

 私、もう少し元気でいられますよう守って下さい。いつか必ずおそばに行きますから。

関連作品

  1. ちよばあちゃん

  2. 私のお父さん

  3. 日出子よ有難う

  4. 母とつなぐ手

  5. 自慢のお父さん

  6. 母のサポーター

PAGE TOP