母へ 80代 大分県 第10回 銀賞

抱いて下さい お母さん
大塚 常代 様 86歳

 お母さん‼86歳まで生きてめて貴女を呼び、初めて手紙を書きます。貴女は死期を悟ったある日「一度でいいから常代を抱かせて」と泣いてせがんだそうです。その時おばあちゃんも泣きながら「それは出来ないヨ、今この子を抱いたら病気がうつる。この子だけは生かさねば……」。

お母さん、貴女は86歳の私を抱けますか。私はめっきり体力が落ちて、25歳の貴女を抱けません。ならばハグをしましょう。

ああ、お母さんの肩の細いこと。人生の花ざかりで病を得て、25歳で旅立った悲しみの果ての細い肩ですネ。

お母さん、貴女は結婚後、肺結核を発病し、長女静子に病をうつして死なせ、再び私を妊娠と分かったら、肺病は家を滅ぼすとの理由で離縁されたそうです。

長女の位牌と身重の身で、貧しい実家に返された貴女。生れ家とは言え既に兄嫁も居り、どれ程肩身せまい思いで暮した事でしょう。私が三月生れで、貴女が十月の旅立ちですから、この間どれ程悲しかった事でしょう。私も一度も抱かれる事もなく、一滴の乳も飲まず重湯だけで、痩せた猿の様な赤子だったそうです。

明治生れの祖母は、無知な農婦として働くだけの中で「久美(母の名)に常代は抱かせぬ。乳も飲ませぬ」との決断が私の命を守ってくれました。お母さん‼おばあちゃんを恨まないでね。私はおばあちゃんのお陰で、健康老人として健診の度にほめられています。

でも遠からずそちらに行きます。その時は小さく軽くなって行きますから、しっかり抱いてネ。

美人だったらしい貴女に一度抱かれてみたいのです。

だから抱いて下さいお母さん‼

関連作品

  1. 「お父さん、ごめんなさい」

  2. 母 キヨちゃんへ

  3. 丘の上の白亜の校舎を見上げると

  4. さらっぴん 三姉妹

  5. 「スイカ」と答える理由

  6. 抱っこして

PAGE TOP