父へ 20代 大阪府 第4回 入賞

パパへ
大家 萬理奈 様 20歳

 やっほ! まりなだよ。つたえたい心の手紙を書くコンテストがあってさ、天国にいる人に書ける手紙らしいから、チャンス! と思って今書いてる。読んでる?

思い出話になるんだけど、パパが天国にいっちゃうときのこと、覚えてる? 私はね、あの瞬間、パパが息をしなくなった瞬間。一秒の瞬間も目に焼きついています。

ママが泣きながら、パパのおでこにおでこをあてて「大丈夫、怖くないよ。私がいるから、大丈夫」と、やさしい声で言いました。それに返事をするように深い息をした瞬間、パパは天国にいきましたね。

「ご臨終です」医者のじーちゃんの声と同時に、せーちゃんの泣き叫ぶ声が病室に響き渡りました。聞こえてた? あいかわらずの大きな声だったでしょ? 私はね、あの瞬間が本当に忘れられません。にーちゃんが細い声で「間に合わなかったね」ってパパの冷たい手を握って、唇をかみしめていたことも。ママがパパのお骨の箱をもったときに、少しほほ笑んだあのキレイな顔も、私は全部忘れられません。「まりな、いってきます」最後にパパが私に背を向け、私に言った言葉も。「あっ……いってらっしゃい」病院がんばってねって、素直に伝えれなかったことも。私は、全部忘れられません。

パパ、今なにしてますか? 笑ってますか? 泣いてる私をみて「らしくない!」って大笑いしていますか? パパ、私はしっかり家族を守っていけるでしょうか? 見守ってくれますか? ママが「パパはあなたたちの心の中に入ったから、一緒にいるから大丈夫よ」って言っていました。心の中にいるんですか? それがほんとなら、私は強く生きていける気がします。

パパ 今まで一度も感謝したことなかったけど

私のパパでありがとう。

私を生かしてくれてありがとう。

たくさん叱ってくれてありがとう。

たくさん頑張ってくれてありがとう。

私、頑張るから。たくさん生きて、生きて、生き抜いて! やることやりきって! そっちにいったときは、一緒にバカ笑いしようね!

パパ 大好きだよ

パパの大切な宝物のまりなより

関連作品

  1. 義母への詫び状

  2. 抱っこして

  3. 紡ぎあう愛

  4. お父ちゃんの優しさ

  5. かあちゃん ごめん

  6. お母さん、ありがとう

PAGE TOP